オリジナルのフレームを使った講義中の風景

おかげさまをもちまして、弊社の働き方セミナー「聞く力・つかむ力・伝える力」のシリーズ第2弾となる『コピーライターのタネあかし! 本質をつかむための「多角的思考」』も、開催3回目を数えました。

ありがとうございます。

さて、3回目の3月10日は、4人の方にお越しいただきました。

開催後のアンケートでも、下記の引用ほか、ありがたいコメントを皆様からいただきました。ありがとうございます!

売れるキャッチコピーの作り方の講座だと思っていたら、もっと世の中を正しく見つめる為の講座の感じを受けた。個人の考えを強くすることの大切さを実感。その方法がわかってよかった。実践してみたい。

3月10日 実際のアンケートの画像
個人の考えを強くすることの大切さを実感。その方法がわかってよかった。実践してみたい。

こんな風に言っていただいて、本当にうれしいです。

さて、さまざまな角度からモノゴトを見つめ直すための、オリジナルのフレームを使ったワークも、皆さん楽しそうに取り組んでいただけて、本当に感謝しています。

ワークショップ終了後、皆さんから共通していただいた言葉が、「もっとワークを重ねたかった」というものでした。

フレームを1枚埋めるにも時間がかかるので、2時間半という枠の中では、回数を重ねるのが難しいのですが、しかし、「一回やってみてわかったことを、もう一度試してみたい」「ニュース記事の読み解きを、もっとたくさんやりたかった」という声をいただくと、本当にやって良かったな、と安堵するとともに、「次はこんな風に改良してみよう!」という思いが湧いてきます。

重ねて言いますが、これもすべて、参加いただいた皆様のおかげです。
ありがとうございました!

講義風景
3月10日の、盛り上がっていた演習風景
演習風景2枚目

次回は、3月31日(土)対話は「聞く」が7割!『聞く力・質問する力』を伸ばすワークショップです!

そして、4月19日と5月18日には、いよいよ「伝える力」として、文章力講座を開催させていただく予定です。近日、「ストアカ」「Peatix」ともに詳細ページをOpen予定です。

併せて、何卒よろしくお願い申し上げます!


ストアカ

佐藤 秀治

株式会社プラップル