お客様を動かす「共感作り」の専門家、佐藤秀治です。
ちょっと強めのタイトルにしておりますが…

今日は自民党のキャンペーン広告が話題になっていま
した。話題の中心は、講談社の女性誌『ViVi』とのコ
ラボレーション企画。
 ↓
ViViの公式サイトよりキャプチャ

「へー、なんだろう」
と思わせて、この下を延々スクロール
して、モデルの子たちのメッセージ
などを読み終わって
「応募してみようかな」
と思ったところで登場するのが
『自民党2019』のハッシュタグw

この仕掛けが、炎上を招いてしまった様子。

若い世代に政治への関心を持ってもらおうという試み
自体は、悪いものではありません

でも、自分の意見に
「自民党2019」という
ハッシュタグをつけてしまうと
“政治への興味”ではなく
“自民党の応援”を表明
するようなものですからね…

プレゼント応募条件は、自民党2019というハッシュタグをつけてツイートすることでした。

Twitterに批判的なコメントが殺到したことを受けて
各メディアも報じています。

政党・政治家バッシングネタは、メディアにとって
も大好物です。

ViViのキャンペーン!…実は自民党とのコラボ企画「若い女性の利用ではない」

相澤冬樹 | 大阪日日新聞論説委員・記者(元NHK記者)
Yahoo!ニュース 6/11(火) 17:31 より

自民党が2019年6月10日、女性向けファッション誌『ViVi』(講談社)とニュースアプリ「グノシー」とのコラボレーション企画を始めた。

特定の政党とのコラボ企画とあって、SNS上では両社の姿勢を疑問視する声も寄せられている。両社の見解は。
J-CASTニュース
自民党「コラボ」、ViViだけでなくグノシーも 参加者には首相ビデオレター…「政治的な意図や背景ない」:より
https://www.j-cast.com/2019/06/11359801.html?p=all

この騒動……

私は、至極冷静に傍観しました。

正直に言ってTwitterに溢れている批判的コメン
トの大半は”単なる好き嫌いの問題”ばかりで、
深い意味はないとも感じています。

メディアの記事にも、特に深みは感じません。

ただ、『ViVi』のブランディングとしては大打撃
でしょうね。

もっとも、騒いでいる人の多くは『ViVi』の読者
ではなさそうなので、この騒動によるイメージの
毀損も、ほどなく忘れ去られるでしょう。

ただ、これだけは思うんです。

こうした仕掛けが用いられたのは
自民党も
広告代理店も
メディアも
揃いも揃って、
若い世代を軽く見ている

からだということです。

どういうことかと言うと……

「若い女性に難しい話をしても
興味を持ってもらえないだろうから

モデルたちを使って、
それっぽい意見を並べれば、
反響が得られるんじゃない?」

という思惑が透けて見えるということです。

確かに、冒頭から自民党を名乗って、真面目な政
策論などを述べていたら、興味をもって読んでく
れる人は、ほとんどいなかったでしょう。

実際問題、メディアが政策を論じないのも、読
者・視聴者に関心を持ってもらえないからです。
「数字が取れない」と分かり切っているコンテン
ツに、時間と費用を割くことはビジネスの原則に
反します。

そんな反響のないキャンペーンで、結構なお金を
いただく訳にはいきません……よね。

それなりの広告宣伝費を使う以上、少しでも多く
の反響を得るために、あの手この手を考えるのは
当然です。

その意味では、今回のキャンペーンは大成功です。

SNSにはつぶやかなくとも「自分だったらどんな
社会にしたいか」と、一人静かに考えた若い女性
だってそれなりにいただろうとも、想像してます。

だからこそ、もったいないな、と。

本気で若い世代の政治への関心を高める目的が
あったのなら、もうちょっと硬派な仕掛けを考え
られなかったのかな……と。

だって、選挙に行かなかった
若い世代の中には
「誰に投票していいか分からない」
って、本気で悩んだ
末に
棄権した人も少なくないと
いいますしね。

これも、一理あるんです。

丸山ほだか氏みたいに、北方領土の中で恥を晒し
た挙句に、税金をもらい続けている人
もいます。
あんな人だと知らずに、自分が一票を投じていた
ら……その責任は、自分にもあるのかどうか……悩み
ますよね? 多少なりとも。

だから、たとえば、自民党議員とモデルたちが政
策や、日本の未来について真面目に話し合う動画
であるとか、もう少し硬派な仕掛けをした方が良
かったのでは?
…なんてことも思うんです。

せっかくネットでキャンペーンするなら、もっと
議員たちの素顔が見える企画をしてもいいはず。

(出演する議員を選ぶのが大変そうですが…)

で、モデルの一人が、
桜田前五輪相「3人産め」発言
責め立ててみたりw

そこまで切り込んでたら、逆に自民党の好感度
が上がったんじゃないのかなぁ、なんて思うわ
けです。ただの妄想ですけどw

いずれにしても、真剣に「共感」を生もうと
思ったら、発信する側の「誠意」が欠かせま
せんからね。


【法人向けサービス】
お客様を動かす共感作りコンサルティング
お客様を動かす「共感づくり」コンサルティング


【個人事業主向けのサービス】
インタビュー歴20年以上のプロが、リラックスした雰囲気の中で徹底ヒアリング。動画撮影も優しくリードしますので、カメラなれしていない方でも自然な形で、楽しそうにお話いただけます。
■笑談快縁(株式会社プラップル)
https://www.plapple.jp/top/personalbranding