先日、ある方とお話していると、

「私、メールの文章が怖い!って言われるの!」

というじゃありませんか。

その方のメールを実際に拝見したことはないので
この方のケースについて明言することはできませんが、
「メールの印象が怖い!」ということは
良くあることです。

ビジネス用のメールの書き方、とか
そういった教室や本はいっぱいあると思います。

その中には、まるで手紙の用に
丁寧な時候の挨拶から入る「失礼のないメールの書き方」から
非常に効率的な連絡を目指した「簡潔明瞭なメールの書き方」まで
いろんな教え方があると思います。

で、まぁ実際のところ「簡潔明瞭」であることが望ましいのですが
 「簡潔明瞭」なメールは
 「無味乾燥」で、「一方通行」なメールになりやすいんです。

この辺、注意したいところです。

普段の話し言葉も、文字にしてみると非常に冷たくて堅い印象、
あるいは、強くて怖い印象を与えることが多々あります。

文字にすると、話している時のニュアンス……声色やトーン、仕草や表情といった
多種多彩な情報が削がれてしまいます。

つまり、「伝え手」である貴方のことを「心」を伝える情報量が圧倒的に
少なくなってしまうのです。

だから、そこでひと工夫することが大切なんです。

冒頭の方は、女性なので
「メールを書く時の、『語尾』を可愛らしく変えた方がいいのかしら?」
と仰っていましたが、それもちょっと違うんです。

というわけで、そんなお話も、4月19日のワークショップでお話させていただきます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

■文章を書くのは誰のため? プロが実践する「心が伝わる文章術」!
 4月19日(木)18:30~21:00(18:20受付開始)■定員24名
 4月29日(日)10:00~13:00(9:30受付開始)■定員8名
 5月18日(金)18:30~21:00(18:20受付開始)■定員18名

Peatixからのお申し込みは【こちらから!】
 4月19日
 4月29日
 5月18日