ブレードランナー ファイナルカット Blu-rayパッケージ表面

5つのバージョンが存在する伝説的傑作!

今回は、世界中で圧倒的な支持を集めるSF映画の傑作『ブレードランナー』をご紹介。主演は、ハリソン・フォード。監督はリドリー・スコット。デザインはシド・ミード。原案はフィリップ・K・ディックの傑作SF『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(ハヤカワ文庫SF)
バージョンは、『ファイナル・カット』です。

……と、ここで『ブレードランナー』をご存知ない方は、↑の「バージョンは……」という一文を読んで、頭の中に「???」が並んだと思いますので、ちょっとだけ解説させていただきます。。

実はこの『ブレードランナー』という映画、これまでに4つのバージョンが公開されています。

  1. 『ブレードランナー』オリジナル劇場公開版(1982年)
  2. インターナショナル劇場公開版『ブレードランナー完全版』(1982年)
  3. 『ディレクターズカット/ブレードランナー 最終版』(1992年)
  4. 『ブレードランナー ファイナル・カット』(2007)

このほか、「リサーチ試写版」(1982年)もあるのですが、試写版は一般に公開されたものではありませんので、マニアックに研究する方以外は、特に気にしなくて良いかと思います。私も見たことがありません。

2番目のインターナショナル版では、オリジナル版でカットされた、ほんの少しの暴力描写(眼球を指で押し込む等)が加わっている程度で、作品の基本的な印象はそれほど変わりません。

作品としての印象が大きく変わったのが、3番目の『ディレクターズカット』。
この時、ハリソン・フォード演じる主人公=デッカードのモノローグ(独白、一人語り)がカットされ、エンディングも、オリジナル劇場公開版の分かりやすいハッピーエンドから変化。「リサーチ試写版」に近づいたのだといいます。
でも、そんなことよりも重要だったのが、“デッカードが見る、ユニコーンの夢” です。
このエピソードは、監督であるリドリー・スコットが最初から構想していたそうなのですが、実際に本編に挿入されたのは、この『ディレクターズカット』が初めてです。

で、ユニコーンの夢を見たことで何が変わったか?
それは、脱走したレプリカント(後述)を取り締まる捜査官=デッカードもまた、「レプリカントなのではないか!?」という疑惑がクッキリと浮かび上がった、ということなのです。

これから公開される続編『ブレードランナー 2049』では、この疑惑が明らかになるはず……というか、物語の核になるものと想像している……というか願っているのですが、どうなんでしょう。楽しみです。(ネット上にある映画評論家の感想など、ネタバレにつながるものは、自分の目で見るまで遮断しておりますので、現時点で勘違いがあってもご容赦を!)

この変更=ユニコーンの夢は、2007年に、作品公開25周年を記念してリリースされた『ファイナル・カット』にも、当然ですが残されています。
『ファイナル・カット』では、作品内の細かな祖語が修正されているほか、デジタル修復によって画質も大幅に向上! Blu-rayで購入する価値も大アリです。なので、「まだブレードランナーを見たことがない!」という方は、このバージョンをおススメします。

で、ついさっきまで「現在、DVDやBlu-rayで普通に入手できる唯一のバージョンは『ファイナル・カット』のみ」……と思っていたら、10月21日に1枚のディスクで3バージョンをシームレスに再現(オリジナル劇場版、インターナショナル劇場版/完全版、ディレクターズカット/最終版)を鑑賞できる『ブレードランナー クロニクル』が再発売されるんですね。あーーー、どうしよう……。でも、982円か! 悩む必要はないのか!!! いや、お小遣いがすでに足りてない!!!!!

そのほか、バージョンごとの違いなど細かい話は、Wikipediaに詳しい記述が満載されていますのでご参照ください。

人間と機械との違いは何か。……深く問いかける主題

この作品のテーマは、「人間とは何か?」ということ。
SFの王道的な主題です。

映画の舞台は、2016年のサンフランシスコ。
人間をはるかに凌ぐ身体能力と、彼らを開発した科学者並みの頭脳を持つ人造人間=“レプリカント” をめぐる物語です。

レプリカントは、人間の代わりに過酷な宇宙開拓の現場で、奴隷としての生きています。というか、奴隷として造られました。
彼らには、人間のような “共感する能力” がない。知性はあるのに、感情がない、“人間未満の存在” であるために、人間側にも良心の呵責はないわけです。

しかし、高度な知能を有するレプリカントは、数年以上生きていると、人間同様の感情が芽生えてしまいます。
感情が芽生えたら、人間の奴隷として、素直に言うことを聞くはずがありません。

だから、反乱を起こさないように、レプリカントには “4年” という寿命があらかじめ設定されています。

この寿命を何とか引き延ばす手段を求めて反乱を起こし、地球へと戻ってきた最新型のレプリカント「ネクサス6型」の男女4名を、デッカードが追う……それが、この映画の大筋です。

まだ観たことがない方のために、これ以上のあらすじは書きませんが、10月27日にいよいよ公開される続編『ブレードランナー 2049』を観る前には、必ず一回は観ておくことをお勧めします。

レプリカントたちの苦悩する姿は、リドリー・スコット監督の最新作である
『エイリアン:コヴェナント』
で、アンドロイドのデヴィットが見せる創造への執念と狂気にもつながります。監督自身も、ずっと『エイリアン』と『ブレードランナー』に憑りつかれているのかもしれませんね。

多くのクリエイターを呪縛する、圧倒的なビジュアル

リドリー・スコット監督の凄いところは、『エイリアン』(1979年)と『ブレードランナー』で、SF映画の “ビジュアルの基本形” というか “皆が目指す理想形” を世界中に見せつけたことにあります。

無機質な町に、アジアを感じさせる雑多に並んだ屋台。毒々しく光るネオンサイン。妙に巨大化した電子広告。

経済を追い求めて何かを失い、人が活き活きと暮らす空間を失った近未来の姿が、ひと目で焼き付きます。

『ブレードランナー』の退廃した町並みは、サイバーパンクSFのビジュアルを決定づけてしまい、後年の作品に大きな呪縛を与えています。それは、アニメーション映画である『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』(押井守監督:1995年)も例外ではなく、近年スカーレット・ヨハンソンを主役に迎えハリウッドでリメイクした『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017年)では、ブレードランナーの町並みを明るい色調で焼き直しています。あれは、劇場で見ていてちょっと気になりました。
まぁ、それだけ強い呪縛なんですが……。

ところで、あの退廃した町のアジアン テイスト。「1つで十分ですよ!」という日本語が混ざり込んでいるのは、リドリー・スコット監督が新宿・歌舞伎町を見た時の影響なんだそうです。

日本、というより、香港とか台湾なんだろうなと思っていたので意外でした。

で、驚いたのが大阪を舞台に撮影された『ブラック・レイン』(高倉健、松田優作、マイケル・ダグラス主演:1989年)。リドリー・スコット監督が撮ると、道頓堀が、まるで『ブレードランナー』!
あれは本当に驚きました。

      

『ブレードランナー ファイナル・カット』Blu-rayパッケージ裏面

【作品メモ】
1982年に制作された『ブレードランナー』の25周年を記念して、2007年にリドリー・スコット監督自らの手で再編集された作品。一部、オリジナル版撮影中に予算の都合などで割愛されたシーンのために、つじつまが合わなくなっていたセリフなども修正。必要なシーンを埋めるために、ハリソン・フォードの息子を代役にした再撮影も行われた。

【監督】リドリー・スコット
【原案】フィリップ・K・ディック
【ビジュアル・フューチャリスト】シド・ミード
【キャスト】デッカード/ハリソン・フォード:ロイ/ルトガー・ハウアー:レーチェル/ショーン・ヤング:ガフ/エドワード・ジェームズ・オルモス

■Blu-ray発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
本編 117分
『ブレードランナー ファイナル・カット』Disc 2枚組
Disc2には、「デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー」を収録。このドキュメンタリーだけでも購入する価値があると思います。

そして、続編鑑賞に向けたオマケです

そして、『ブレードランナー 2049』では、どのようになっているのか……。予告編等を見る限り、まったく違和感なさそうで、公開日が非常に楽しみです。(一部、『ゴースト・イン・ザ・シェル』にそっくりな気もw)

で、『ブレードランナー 2049』を見る前に楽しむべき短編が3つ、ネットに公開されていますので、ここにも貼っておきます。

【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「ブレードランナー ブラックアウト 2022」

■【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「2036:ネクサス・ドーン」

■【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」